背景画像

background-imageプロパティ
background-imageプロパティで要素の背景画像を指定します。
body{background-image:url("画像URI");}
この場合、body要素に対して画像URIを背景として指定しています。
ブラウザより小さい画像の場合、初期値では画像を複数枚敷き詰めて表示されます。
サンプルページ
背景の画像URIはurl()関数で指定します。
背景色の上に背景画像が表示され、その上にテキストなど内容が表示されます。
よって背景画像で透過処理された部分は背景色が透けて見えます。
注意
例えば背景色を白色に、背景画像を黒っぽい色にした場合、テキスト色は白っぽい色にすると思います。
そこで問題があります。背景画像を表示できない環境のブラウザでは背景色が白、テキスト色が白っぽい色で表示される。
ここで言いたいのは背景画像と同じ系列の背景色を指定する事を推奨すると言う事です。
その他背景画像に関するプロパティ
background-repeat
background-attachment
background-position
background


TOPへ おタグるーむ