サロンの掛け持ちって…どうなの?

たくさんの数のサロンでおこなわれている脱毛。昔は一般人には手がとどないような金額だったのに、今では数百円からできるところも多く…いかに競争が激化しているのがわかります。それだけ脱毛できるサロンが多くなってきたことでもありますね。

 

気軽に出来る分、場合によってはいくつものサロンを掛け持ちしておこなう人も…います。「あのサロンではどういった感じでおこなわれているのか?」誰もがそう一度は思うことがあるのですから、実際に掛け持ちをする人もいるのです。

 

掛け持ちをする理由として多いのが、無料お試しキャンペーンがあるから。キャンペーンの中では無料でおこなっていることもあるので、いろいろと試す事で料金を安く抑えられるのでは…なんてつい考えてしまうのですね。手間はかかりますが、トータル的に見たときに安くすみそうです。この方法は、金銭面ですこしでも安くしたいと考えている人に注目されています。

 

ただ、お試しキャンペーンというのは、その内容がどのサロンも似たようなものばかりとなっています。特に、範囲も狭く需要も多いワキ脱毛に関するキャンペーンが多くなっています。毎回ワキ脱毛をしているわけにはいきませんから、そんなにいくつも掛け持ちしてもはあまり意味がないといえでしょう。

 

また、掛け持ちをすることは、スケジュールをあわせることや手間が大きくかかるといったデメリット付き。結局のところ、全身脱毛をするのであれば1回だけで終わるわけはありませんから、キャンペーンの掛け持ちを考えてやりくりするよりも、全身脱毛でズバッとやってしまうほうがはるかに楽といえるのです。


気になる回数…その本当のところは?

全身脱毛にかかる回数というのは、個人差があるとはいえ気になるもの。毛質や毛の量、肌の色、年齢など…さまざま状況から効果が変わってきます。一般的な平均回数としては、全身脱毛における回数は18回から24回ほどとなっているようです。

 

サロンによっては6回といった、一般的な回数をみると到底少ない回数で設定されていることもあります。これは、6回のメニューを数回繰り返す…つまりは、数回分の契約が必要となるということなのです。6回やって全てきれいに抜けなかったら、また新しく契約して6回おこなうのです。

 

ちなみに、脱毛する部分によっては効果がでやすい場所、でにくい場所とあります。効果が出ににくい場所としては、VIOと背中でしょうか。他の部位に比べるとはるかに効果が出るのが遅く、他の部位よりも多く通う必要があるといえます。例えば、腕や足が18回で終わりそうであれば、背中やVIOはその倍の数での施術の可能性があるということなのです。

 

前身脱毛というと、同時進行ができる部分もあるとはいえ、その回数はパーツ別でやるのとではまったく異なるものとなります。部位によっては倍になるとは…ちょっとげんなりしてしまいます。途中であきらめて止めてしまう人もいるでしょう。

 

でも、途中で止めるということは、中途半端で終わるということ。残った体毛は少なくなったとはいえ、それを自己処理しなけばいけなくなり、自己処理による肌トラブルが起こるリスクも増えるのです。

 

全身脱毛で長引きそうな場合は、通い放題があるサロンを選んでもいいですね。回数を気にすることなく、ストレスフリーで通うことができます。