なぜ安いのか?

昔と比べて格安料金でできるようになった全身脱毛。その金額の違いは大きく、脱毛技術や専門機器の発達、そして脱毛サロンが増えたことによる競争の激化が理由となっているようです。

 

とはいえ、いくら脱毛技術や専門機器が発達したからといって、料金をそう簡単に安くする事ができるわけがありません。また、生き残るための競争として仕方がないからといってむやみやたらに下げていたら、採算が合わずに潰れてしまいます。ではどうして脱毛金額を下げる事ができるのか?それは、なにかをカットしているに違いないから。当たり前の話でもありますが、安いということはどこかの部分でコストカットしているのです。そうでないと、経営なんてやってられません。

 

では、どういったところをコストダウンしているのでしょうか?それは、人件費や不動産、そして内装費などです。特に人件費は真っ先に削られるといってもいい代表的なもの。退職もしくは労働時間をカットされるのを免れたとしても、その後の業務は抜けた人の分を補う為、今以上に動かなければいけないことになり…ひいてはそれが疲労に、業務能力の低下に結びつかざるを得なくなるのですから怖いですね。エステシャンの全体的な技術レベルが悪い、交通が不便がところに店がある、内装にこだわったところがなく質素である…なんて場合であれば、もしかしたら料金を割り引くために押さえているがゆえなのかもしれません。

 

とはいえ、施術料金が高いからといってエステシャンの質が良いとはいえません。また、エステシャンは医師とはちがって国家資格が必要であるわけではありませんから、その技術の程は、まさに本人次第。運悪く、腕の悪いエステシャンにあたってしまうこともあるのです。

 

そんなことからも、結構悩むサロン選び。できれば口コミなどの体験者による話から情報を得るようにするといいですね。たくさんの口コミや情報公開されているところほど内情もわかりやすく、失敗するリスクも減ります。「安くて安心・安全な全身脱毛はどこだ?」と思ったら、まずは口コミをチェックなのです。


脱毛の痛みには耐えられる?

脱毛による施術で気になるのが、どれくらいの痛みがあるのか…です。脱毛による痛みというのは、部位によって異なるようです。背中や腕、太もものような場所では、毛が薄い事もあるのかそう痛くも無いようです。ただ、VIOなどの毛が太くて濃い部分はデリケートで傷みも強くなりがちです。その痛みは、どんなにきれいになりたいと思っていても止めたいと思ってしまうようなもの。それだけ場所によって痛みが強烈なのです。

 

このように、痛みに絶えられる自信がない場合は、一括払いやローンでの支払いは避けたほうが無難。痛みにたえられるならまだしも、絶えられないとなると…最悪です。「お金を払っているから我慢して通わなくちゃ」と思っても、それを我慢して通い続けるのはなかなか難しいのです。

 

お金をドブに捨てないためにも、できれば月額制での支払いを採用しているサロンがいいでしょう。毎月決まった金額を支払うだけの簡単払い。ローンと似たような響きがありますが、それとは異なっているのです。もし辛ければ途中で止める事もできるのですから、月額制のほうが都合がいいのは言うまでもありません。

 

ただ、月額制でおこなっていたとしても、途中でキャンセルが効かないケースもありますから、そこはしっかりと確認するようにしましょう。