HPつくりの基礎知識

ホームページ(ウェブサイト)を作る前に押さえておきたい基本的な知識を、小難しい用語や単語をなるべく使わずに解説しようと思います。したがって、本来の意味と違う言い回しや死語を使用する場合もあることをご理解ください。


ホームページとは?

その昔、本来「ホームページ」というのはブラウザを開いた際に最初に表示されるウェブページのことを言いました。

今ではホームページ = ウェブページの意味で使われます。ここではホームページ(HPやホムペと略すこともある)と記載いたします。

では「ウェブページ」「ウェブサイト」とは何でしょう。ウェブページの集合体が1つのウェブサイトです。

その代表となるページをトップページと呼んだりします。ここまでなんとなく分かればいいです。一度に全て理解する必要はありません。焦らず時間をかければ自然と分かるようになると思います。

ブラウザとは?

今、ホームページを見ているのは「ブラウザ」というアプリを起動して見ています。

例えば、家でテレビを見るにはTVモニターが必要です。TVモニターにも色んな種類やメーカーがあります。

ホームページを見るブラウザにも種類があって、SafariやGoogle ChromeやFirefoxが有名です。

このブラウザを介してホームページを見ることができます。

ホームページを見る?

インターネットにアクセスする環境があればホームページを見ることができます。

スマホの場合はWi-Fiやキャリア回線がそれにあたります。電波が届かない、つまりインターネットにアクセスできない場合はホームページも見れません。

テレビも電波が届かない地域・場所では見ることができないでしょ。電波が悪い場所ではノイズが入ることもありますよね。

スマホも電波が悪いとホームページが「重く」感じる時があります。スマホのアンテナが1本とかの時がそれです。

ホームページはどこにある?

インターネットにつながったサーバーにホームページのデータがあります。そのサーバーは世界中のいたる所に存在していて、互いにインターネットにつながってます。

サーバーにあるホームページのデータをブラウザを介して見ています。

日本のホームページだからサーバーも日本にあるとは限りません。また、1つのホームページだからサーバーも1つとは限らない。と言え、海外にあるサーバーは物理的な距離があるために国内のサーバーより表示に時間がかかります。

余談ですが、サーバーも自社サーバー・個人サーバー・レンタルサーバーなどがあります。

自分のホームページ?

ここまではホームページを「見る」ことを前提に説明しました。ここからはホームページを提供する側、つまり公開・発信する者としてのホームページについて解説してみます。

このページを見ているあなたがいます。ということはこのページを提供している者(私)がいるって話です。

ホームページを公開する方法は数多くありますが、インターネットにつながったサーバーにホームページのデータをアップロードしていることは言うまでもありません。

では実際にホームページを公開するのに必要なものがありますのでご覧ください。

HP公開に必要なもの
サーバー
無料サーバー / 有料サーバー
ドメイン
*****.jpや*****.comなど
データベース
必要に応じて準備
メールアドレス
ドメインと同じメールアドレスを必要に応じて準備
テキストエディタ
ホームページ作成を容易にする
FTP
ほぼ必須になる
CGIのスキル
PHPやPerlなどプログラムの知識が必要
小説の投稿、お問い合わせフォームやカウンターなどはプログラムが必要です。
HTMLスキル
ある程度のスキルは必須です。ただし、WordPressのようなCMSを導入することで初心者並みのHTMLスキルでも問題ありません。
パソコン
これがなければ始まりません。ネットカフェなどPCをいじれる環境は絶対条件です。スマホ表示確認の為にスマホもあれば言うことなし。
金銭的余裕
サーバーやドメインなどの維持費
どのくらいの金額が必要かは、ホームページの種類によって違います。本サイトの場合は月額で「1,000円」もかからないと思います。
その他
場合によっての話ですが、法律 / SEO などの知識が必要です。
場合により、本住所 / 本名など個人情報が必要

これを見ると「やる気」が萎えますね。

本サイトの趣旨であるHP作成スペースを利用したホームページの公開について述べたいと思います。

HP作成スペースを使った場合の必要なもの


レンタルHP作成サービスを利用した場合のHP公開に必要なもの
メールアドレス
登録時と運営と連絡する際に必要
HTML
若干のHTMLスキル(まったくスキルが無くてもホームページの作成と公開は可能ではある)
スマホ
インターネットにアクセスしてホームページを作るのでスマホまたはPCが必要です。

これだけで十分です。

HP作成スペース側がサーバー維持費は運営が支払い、お問い合わせフォームやカウンターなどのプログラムを提供してくれます。

小説を書くのも小説プログラムが付いています。

自分でサーバーを用意するより、はるかに楽で実効しやすい環境が整っています。もちろん見た目などのデザインを懲りたい場合はHTMLやCSSの知識が必要ですが、中にはデザインテンプレートも簡単に着せ替えできるシステムも導入されてるサービスもあって、個人サイトを開設するには十分すぎると思います。